LINK
自己破産申請は端的に定義すると債務の返済が不能になったという裁定を受理した際に借金を持つ人が持つほぼ全ての財(生存していく上で最小限なくてはならないものは所持を認可されている)を没収されるかわりにすべての借入金が帳消しにできるのです。宣告以後、労働の結果手にした所得や新たに保持し出した資産を負債に用いる必要性、強制はなく債務者の経済的更生を促進するために作られた法制ということになっています。債務返済に関するトラブルを負う方が大抵負っている不安には破産の申立てをすることへの漠然とした心理的抵抗があるといえます。会社の同僚に噂が伝わってしまい以降の人生に良くない影響を与えるのではという風に思ってしまう人々が大変多数いらっしゃいますが現実には心配すべきようなことはそう多くはありません。自己破産の申告は多重債務借金超過のせいで苦しんでいる人々を更生させることを目的に国で作った決まりです。自己破産が認められた者については以後の日常の中で支障をきたすような不利益はなるべくないように定められた法的制度です。ところで、自己破産をするにあたっては満たさなくてはいけないようなことがあるので覚えておいてください。それは貸与されたお金をどのようにしても返すのが不可能(債務弁済不能な状態)になってしまったという司法的なお墨付きです。未返済債務の多寡又はそのときの給金をみて返却出来ない状態だという風に司法的にみなされたときに自己破産というものを行えるわけです。例を挙げると、自己破産希望者の多重債務の合計が100万円で月収は10万円。こんなときには債務の返済がとても困難であり、負債の返済が不能な状態であると判断され自己破産手続きを実行出来るようになります。しかし無職である事情は制度的には考慮されず、破産の申立ては普通に月収を得たとしても返却できない状態になければいけないという条件があり労働しうる上に労働が可能な条件下にあると見なされれば負債の全体が200万円に満たないということであれば破産の申立てが退けられてしまうという事態もあります。