LINK
書籍の宣伝広告、ゴシップ紙、街中にある宣伝チラシやダイレクトメールで「債務の整理整頓手伝います」「多重債務を一本化したくないですか」という内容の惹句を目に入れることが多いです。そのようなものは、「整頓人」「買取業者」「つなぎ業者」と呼ばれている会社の広告の場合があるということなのです。こういったものを使用したときには破産の流れの中で一番大切な免責許諾を受け取れないリスクがあります。「整理業者」とは、DMなどで多重負債者をおびきよせ相当な費用を受け取って整頓をやりますが実際は整頓はされず、当人はより一層の借金スパイラルに落ちる失敗がすべてと考えてください。「買取屋」とは債務人のローンで、電化製品、利用チケットを限界まで購入させて当人からその品を販売額の10%から半分で買い直すというやり口をとっています。依頼者は一時的には金銭が手に入りますがカード企業経由で商品価格の全額の催促がきて、実際は借金額を上乗せするだけです。クレジット会社へ詐欺ということになって免責許諾をもらえなくなります。「つなぎ業者」では著名な金融業者から断られる借金者に対して、ダイレクトな金貸しはしないでおいて、金貸しを可能な同業者を教え、高すぎるサービス料を請求する業種です。つなぎ屋は直接の紹介で資金提供してもらったというようにしゃべりますが、何もしておらず審議の甘い会社を教えているだけなのです。この場合だと実際は借金額をアップさせる結果に終わります。